不動産投資の始め方

不動産投資を始められる人と始められない人の違いとは?

不動産投資を始められる人と始められない人の違いとは?

この記事では

・不動産投資に興味がある人
・不動産投資を始められるかどうかわからない人

このような方向けに解説していきます。

不動産投資ははじめられる人と始められない人がいます。

始められない人の原因というのは、大きくわけて2つあります。

1つ目は属性の問題です。

不動産投資は現金で購入する人もいますが、資金がない人は銀行から融資を受けて始めるこことになります。

現金で購入できない人は、銀行から融資を受けることができなければ不動産投資をはじめることができません。

銀行融資を受けるには、属性が必要になります。

属性というのは仕事、金融資産などです。

今回の記事では具体的に、融資を受けるために最低限必要な属性について解説します。

不動産投資を始められない理由のもう1つは「マインド」や投資に対する考え方です。

属性が良くてもマインドが弱いと始めることができません。

Youtubeでも解説しています。

★家族を愛する不動産ダディ★ 藤本光秀の公式LINE@ ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40mas5709w 公式LINE@では YouTubeでは配信していない ーーーーーーーーーーー ■不動産投資術 ■資産形成のノウハウ ーーーーーーーーーーー などの極秘情報をお届けしています! 【LINE@登録特典有り】 藤本が1年で6棟59世帯の 不動産投資に成功したノウハウを 無料プレゼント中!! (全13本の動画) 元社畜の会社員がどうやって 不動産オーナーになることが できたのか大公開! 主な内容3つです ↓ ↓ ↓ ↓ ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ■1%の優良業者・物件を見つける 極秘の方法 ■月30万円の完全不労収入を 作るための不変の成功法則 ■誰でも簡単に最短で 結果を残す藤本式不動産投資法 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ご希望の方は 下記のLINE お友達追加後 「お好きなスタンプ」を メッセージを入れてください★ すぐに ご返信させて頂きます^^ ⇒ https://line.me/R/ti/p/%40mas5709w 今パソコンで開いている場合は スマホでLINEを開いて 「@mas5709w」をID検索してください! (@をお忘れなく!) #特別公開動画を無料プレゼント詳細は説明欄にあります 【関連キーワード】 不動産投資 不動産投資 サラリーマン 不動産投資 成功率 不動産投資 やめとけ 不動産投資 本 不動産投資 利回り 不動産投資 失敗 不動産投資 ローン 不動産投資 セミナー 不動産投資 少額 不動産投資 節税 不動産投資 ワンルーム 不動産投資 リスク 不動産投資 銀行 アパート経営 アパート経営 仕組み アパート経営 地獄 アパート経営 経費 アパート経営 資格 アパート経営 費用 アパート経営 法人化 アパート経営 税金 アパート経営 資金 アパート経営 ブログ アパート経営 資金ゼロ シノケン アパート経営 マンション経営 マンション経営 電話 マンション経営 デメリット マンション経営 初期費用 マンション経営 会社員

不動産を買える人と買えない人の違いとは?

不動産を買える人と買えない人の違いとは?

不動産投資に必要な職業

不動産を購入できる人は、正社員、自営業、経営者です。

反対に購入が厳しいのは無職、派遣社員、フリーターです。

理由は銀行からの信用が低いからです。

融資を受けるためには、社会的信用を作っていかなければなりません。

ただし、節約などして現金を貯蓄できるのであれば派遣社員やフリーターも購入することが可能になります。

不動産投資に必要な収入

収入は会社員であれば400万以上はほしいところです。

400万未満になると銀行融資がとても厳しくなります。

自営業者や経営者は会社員と異なり、金融資産の状況や確定深刻、会社の決算などにもよります。

不動産投資に必要な金融資産

金融資産は多ければ多いほど融資に有利に働きます。

では、最低限どれくらい必要かというと区分マンションを購入するのであれば100万円ぐらいは必要です。

区分マンションの購入にあたっては、自己資金ゼロで購入できる可能性はあります。

運営費のことを考えれば、100万円ぐらいは必要です。

アパートやマンションを購入するにはどれくらい必要になるかというと、500万〜1000万は準備したいところです。

融資が厳しいときには自己資金は物件価格の2割ほどを求められます。

例えば、物件価格2000万円のアパートであれば2000万円の2割、400万円が必要です。

さらに、不動産投資を始めるには初期費用が物件価格の7%〜8%ほど必要になります。

したがって、2000万円の物件を購入するときん初期費用は150万円ほど必要です。

400万に150万円を足すと550万が必要になります。

融資環境が良いときは、自己資金の投入を抑えることが可能なケースもあります。

アパートや1棟マンションを購入するときは、500万〜1000万ぐらいは必要なことを覚えておきましょう。

住宅ローンについて

住宅ローンは身の丈以上にローンを組んでしまうと、融資に影響が出てしまいます。

どれくらいの住宅ローンがあると影響が出てしまうかというと年収mの8倍以上です。

年収500万円の人が住宅ローンで4000万以上借入れがあると不動産投資の融資で影響が出てしまいます。

クレジットについて

不動産投資で融資を受ける際は、個人の信用が重要になってきます。

銀行へ融資を打診すると銀行は個人の信用情報を調査します。

調査の際に、消費者金融での借入れやカードローンの利用があると融資をしてもらえません。

特に注意をしなければいけないのが、携帯代金の支払い遅延です。

新しいスマホを購入するときに分割払いを選択する人が多いです。

スマホの代金引き落としの遅延があると、個人の信用情報に支払い遅延した記録が残ります。

個人の信用が傷つかないように注意しなければなりません。

不動産投資に必要なマインドセット

不動産投資に必要なマインドセット

不動産投資を始めるには覚悟が必要

不動産投資を始めようとすると、物件価格は数千万円から億単位。

しかも様々なリスクが存在します。

「絶対に不動産投資で成功する」という強い覚悟を持っていないと挫折してしまいます。

よく相談されるのが、「不動産投資を始めるためには何から始めるべきですか」と聞かれます。

勉強も大事ですが、「不動産投資を始めることを決めるべき」といつも答えています。

不動産投資を始めることをまずは決めましょう。

不動産投資には行動力が必要

不動産投資は自ら行動できる人でないと成功することはできません。

良いアパートやマンションはすぐに売れてしまうからです。

会社に営業の電話をしてくる不動産会社が販売している不動産はろくなものがありません。

だいたい新築ワンルームマンションの販売が多いです。

そもそも、優良な不動産は電話営業などしなくても売れてしまいます。

テレアポで不動産を販売してくる会社は避けるべきです。

本気で良い不動産を買いたいのであれば、自ら情報をとりに行く必要があります。

不動産投資には決断力が必要

不動産は高額です。

購入するかしないか迷う気持ちもわかります。

しかし、良い不動産ほどすぐに買い手が見つかり、あっという間に終わってしまいます。

だから、早い決断力が必要になるのです。

決断力を高めるには、普段から決断する練習が必要です。

外食しときにすぐに食べるメニューを決める、すぐにメールの返信をするなどが必要です。

不動産投資には勉強が必要

不動産投資にはある程度の勉強が必要です。

しかし、必要な勉強は資格試験ほど多いものではありません。

書籍を10冊読めば準備としては十分です。

ただ、不動産投資は購入したあともいろいろと学ぶことがあります。

常に情報を取り入れる姿勢が必要です。

不動産投資にはコミュニケーション能力が必要

不動産投資を始めようとすると、いろいろな業界の人と接します。

・不動産会社
・管理会社
・清掃会社
・リフォーム会社
・税理士
・保険会社
・弁護士

コミュニケーション能力と言っても、難しいことではありません。

相手の話しをきちんと聞き楽しく話す、たったこれだけです。

コミュニケーションがうまくとれないと、まず空室がうまりません。

入居づけする管理会社とのコミュニケーションはとても大切です。

自分から連絡して積極的に仲良くしていくべきです。

不動産投資仲間は必須

不動産投資を始める人のほとんどの人が1人ですすめています。

1人ですすめると、2つのデメリットがあります。

1つ目は相談する人がいません。

不動産会社の担当者ぐらいしか相談する人はいないはずです。

不動産会社を選ぶ時、物件を購入するか決めるときに必ず迷います。

迷ったときに不動産投資仲間がいると迷いがなくなり進めることができます。

2つ目は、情報弱者になります。

不動産投資は情報戦です。

情報を知らないだけで自分の知らないうちに経済的な損をしている可能性が十分にあります。

支払わなくてもよいものを支払っていたり、本来もらえるべきお金をもらっていないなどよくあります。

不動産投資を始めたいのであれば情報を集めましょう。

また、その情報を集めるために人脈を作っていくべきです。

まとめ

まとめ

以上で不動産投資をはじめられる人とはじめられない人の違いについて解説してきました。

不動産投資を始めるにはまず、きちんと働き、収入を作ってお金を貯めるのが基本です。

属性に自信のない人は、属性作りからしていきましょう。

同時に不動産投資を絶対始めるという強い覚悟が必要です。

勉強する前に、不動産投資へ強い気持ちと覚悟から持つことをオススメします。